診察

結石色々、原因も色々

結石と聞いて思い浮かぶのは、腎臓結石や尿道結石。石ができると聞くと、胆石が思い浮かぶのではないでしょうか?一口に結石と言っても、できる場所によって、できる原因も変わり、結石自体の成分や色、形状まで変わってきます。では、数種類ある結石のできる場所と原因について紹介します。

胆嚢にできる結石――胆嚢結石

胆汁を溜めて濃縮するなどの機能を果たしている器官が胆嚢です。胆嚢でできる主な結石は、コレステロール結石です。脂肪分の過剰な摂取によってコレステロールが分解されきれずに固まってしまった結石をいいます。原因は、コレステロールという単語からもわかるように、胆嚢結石は脂肪分のとり過ぎが主な原意です。

胆嚢から総胆管に落ちてきた――総胆管結石

肝臓と十二指腸をつなぐのが総胆管です。この総胆管にできる結石は、胆嚢から落ちてきた結石で、総胆管で結石が生じることはありません。ですので、総胆管結石の原因は、胆嚢結石と同じく、コレステロールの過剰摂取になります。因みに、「胆石」と言われている結石症はこの総胆管結石のことを言います。

腎臓にできる結石――腎臓結石

血液をろ過することによって出た余分な水分――尿をつくることが仕事の腎臓。この腎臓にできる主な結石は、カルシウム結石と呼ばれる結石です。この結石は、欧米化した食性によってカルシウムが不足したことに加え、さらにそれによって動物性のたんぱく質を取りすぎていることが原因といわれています。

腎臓から尿管に落ちてきた結石――尿管結石

腎臓で作られた尿を、尿のタンクである膀胱へと運ぶのが尿管です。この尿管で結石ができることはなく、尿管結石といわれる結石は、腎臓でできた結石が落ちてきた結石のことを言います。ですので、この尿管結石の原因も、カルシウム不足か動物性たんぱく質のとりすぎが、大多数の原因となります。

膀胱にできるor腎臓から尿管に落ちてくる結石――膀胱結石

腎臓でつくられた尿を溜めておく器官が膀胱です。この膀胱でできる結石は、腎臓から尿管を通って落ちてきた結石と膀胱でできた結石の2つの種類があります。腎臓からの落ちてくる結石は前述を参照していただいて、膀胱でできる結石についてご紹介します。膀胱でできる結石は、尿道狭窄、前立腺肥大症、神経因性膀胱などの病気が原因となってできるといわれています。また、まれなことではありますが、膀胱の手術時に縫合した糸が原因となって細菌性の結石ができることもあります。

膀胱から尿道に落ちてきた結石――尿道結石

尿を膀胱から体外へと排出する器官が尿道です。尿道でできる結石は、膀胱から落ちてきた結石のことで、尿道で結石が生じるわけではありません。ですので、結石ができる原因については、前述の項目を参照してください。

結石の予防は、食事を改善することで

結石ができる原因がわかったことで予防策として一番に導き出されるのは、食生活の改善です。牛乳や魚といったカルシウムの豊富な食べ物の摂取を心がけ、動物性たんぱく質――肉類などの過剰摂取を控えるようにすることが、第一歩であり、大きな一歩でもあります。
食生活を整えれば、絶対に結石ができることはない――とは言い切れませんが、結石ができる原因の多くが食生活の乱れによるものだといわれているので、絶対的ではありませんが、結石ができる可能性を大きく低くすることができるでしょう。

医療の進歩によって、結石の治療はより安全に

結石ができてしまった場合の治療方法は、結石の大きさによって変わってきます。小さい場合にはそのまま自然に排出するのを待つという方法をとることが多く、大きければ内視鏡とレーザーや超音波などを使って石そのものを砕くという方法が多く用いられています。

この他にも、結石の成分やできた場所によって、その状況状態に合わせた治療法があります。昔は大きな結石ができた場合には、大掛かりな手術をすることが大半でしたが、医術が発展した現在では、結石の摘出のために大掛かりな手術をすることは少なくなっています。

「結石」参考サイトの紹介

異なる原因で尿路系の器官にできてしまう結石。腎臓でできた場合は?尿道でできた場合は?結石ができる場所によって違う原因、症状、治療方法などについて、腎臓結石など主な結石症を中心に、胆嚢結石までこちらのサイトでは紹介されています。

結石
http://ksskcare.com/

”結石”に関する記事の紹介

痛い?痛くない?結石の症状とは?
http://ksskcare.com/a03symptom.html

激痛を伴うと言われることもあれば、まったく痛みがなく発見が遅れることもあると言われることもある結石。でも実際のところはどうなのでしょうか?結石が体内に生じることによって起こる症状について紹介しています。

結石予防のための食生活改善法
http://ksskcare.com/e02shokuseikatsu.html

結石ができる要因として一番多く上がっているのは偏った食生活です。でも、逆に言えば、食事を栄養の偏りのない物に変えれば、未然に結石ができることを防ぐことができるのです。こちらでは、結石予防のための食生活改善法について紹介されています。

危険がさらに倍!?結石症との合併症
http://ksskcare.com/d00gappeisho.html

一部、痛みを伴わない――気づくことができない結石もあります。ですが、「問題ない」と放っておくと、思わぬ合併症で命を危険にさらしてしまう可能性があります。こちらのページでは、結石症と合わせて注意したい病気について紹介されています。

  • 自己免疫疾患とは - 症状・治療・膠原病との関係
  • 膠原病の家族ケア - 家庭でのケアマネジメント

  • 【膠原病の基礎知識】早期治療のための初期症状やステロイド・合併症の知識
  • 【膠原病に類する病気】代表的な病気としてSLE・ベーチェット病・リウマチ・関節筋炎などをご紹介
  • 【自己免疫疾患の病気】膠原病と同じく免疫機能の異常が原因で発症する病気
  • 【膠原病トピックス】小児リウマチやリウマチ熱と膠原病の関係と特定疾患の保険の扱いについて