膠原病の初期症状は、風邪を引いたときと似ているんだとか。そのため医師も判断が難しいそうです。
症状には発熱、痺れ、リンパ腺の腫れ、関節や筋肉が痛むことなどがあるそうです。
風邪なら市販薬で収まると思わずに必ず病院へ罹ることが大事なようです。

ギリシャ語で軟骨を意味するコンドロイチンは、関節を動かすためには欠かせない成分とされています。
しかし、加齢などの原因により減少していくため、近年では軟骨の補給に役立つ医療品としても注目されています。
また、関節リウマチの痛みを緩和にも役立つとも言われているようです。

【原因不明の病気が多い】免疫異常を起こす膠原病

膠原病とは、複数種類の疾患を総称した呼び方で、近年では結合組織病と呼ばれているそうです。
関節や皮膚の結合組織や血管などに炎症を起こし、内臓などの全身組織に障害が生じる病気の総称として膠原病と呼ばれてきました。

また、膠原病は自己免疫性疾患という別称も持っています。
自己免疫疾患とは、体内に侵入してきた病原菌やウイルスに対して防衛するための作用が、何らかの原因により自分の正常な細胞を攻撃・損傷させ、炎症などを起こす病気を呼ぶそうです。膠原病と呼ばれる殆どの病気が自己免疫疾患と関係しているとされています。

膠原病発症の原因は解明されてはおりませんが、自己免疫疾患には二通りの病態が存在するとされています。
一つは全身に症状が現れる全身性自己免疫疾患、もう一つは限られた臓器に症状が現れる臓器特異型自己免疫疾患です。
全身性自己免疫疾患には、関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・皮膚筋炎などが挙げられ、臓器特異型自己免疫疾患には多発性硬化症・自己免疫性肝炎・ギランバレー症候群・円形脱毛症・多発性硬化症などがあるようです。

骨細胞を破壊する関節リウマチ

関節リウマチは、体内のたんぱく質に対して免疫異常を発症する自己免疫疾患と言われています。また、一つの関節に留まることは無く、次々と他の関節でも炎症を起こすようなり、骨の破壊活動が行われるようです。

詳しい原因は解明されていないとされていますが、血管内に存在する細胞やたんぱく質が関節滑膜に漏れでたために破壊活動が行われるとされています。漏れでた細胞は新たなたんぱく質を生成し、細胞外に排出するようになります。新に生成されたたんぱく質には、骨を破壊するような悪影響を及ぼす細胞も含まれていると言われています。

関節リウマチが発症すると、関節の腫れや炎症、疲労感、朝方にこわばりを感じるなどの症状が見られるようになるとされています。
治療法は、関節の破壊や進行の抑制やステロイドによる炎症の抑制とされています。

また、関節の痛みは軟骨の減少にあることをご存知のことと思いますが、関節へかかる負担を軽減する予防法として一つ紹介したいと思います。
コラーゲンとともに軟骨や皮膚などを構成しているコンドロイチンは、関節軟骨の約2〜4割を占め、関節のスムーズな動きを作り出しているそうです。水分の保持やクッション性の役割を果たしている関節軟骨は、肥満や高齢になるに従ってすり減り、炎症を起こすようになるんだとか。

膝にかかる負担は体重の3〜4倍とも言われており、身長の高い人や体重の思い人は100キロ以上の負担がかかっていることも考えられます。
年齢とともに減少するコンドロイチンを補給し、関節がすり減るのを予防するようにすると、関節の痛みや病気の発症を予防することができると思います。関節リウマチの疼痛緩和にも役立つと言われているようですが、一方では関節リウマチへの効果は薄いとも言われているようです。
しかし、関節痛への医薬品として期待されているため、試してみる価値はあると思われます。

コンドロイチンや関節痛の仕組みについて紹介しているサイトがありましたので、詳しくはこちらをご覧になってみてください。

【関節細胞の減少が原因】コンドロイチンは関節痛の予防に向いている医薬品!
コンドロイチンとは?減少する関節軟骨の予防に効果的!
全身の体重が負担となって膝にかかることから、減少していく軟骨細胞。
これが関節痛に繋がることに・・・。
関節痛を予防するためには、クッションの役割となるコンドロイチンがおススメです!

甲状腺が亢進すると・・・バセドウ病

バセドウ病はグレーブス病とも呼ばれ、甲状腺ホルモンを過剰に生成する病気と言われています。
体内のどこかで作られた自己抗体が、甲状腺刺激ホルモンの代わりに甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンの分泌を促してしまいます。

甲状腺刺激ホルモンは脳の命令により脳下垂体から分泌されるのですが、自己抗体は違う所で生成され、休むことなく甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンの分泌を促すとされています。
甲状腺機能が亢進し続けると、眼球突出や甲状腺腫、頻脈などの症状が見られるとされています。

治療法には、薬物療法や外科治療、放射腺を用いた治療法(アイソトープ)などがあるそうです。
アイソトープは、甲状腺を分泌する細胞を減少させる方法のようです。細胞自体を減らすことで、甲状腺ホルモンの分泌量を減少させるそうです。この治療法では、バセドウ病を患っている人の70%は治療できるとも言われているようです。

神経に障害を侵す、ギランバレー症候群

ギランバレー症候群は、運動神経に支障をきたし、筋肉を動かすことが出来なくなったり、手足に力が入らなくなる病気とされています。

近年、ウイルスなどが運動神経と類似した構造を持っていることが解明されたと言われています。しかし、運動神経と類似していることが原因して、このギランバレー症候群は発症するそうなのです。
ウイルスを排除するための抗体を体内で作り出したところまでは自己防衛反応として正常なようなのですが、排除するウイルスと運動神経を間違って攻撃してしまうため、神経系に障害をもたらすことになるそうです。

筋力の低下から力が入らなかったり、麻痺などが発症するようです。症状が重くなってくると、運動や食事の飲み込みが困難になったり、顔の筋肉が麻痺するなどの運動障害感覚障害が見られるようになるそうです。
また、ギランバレー症候群は病気への感染から発症したり、ときには治療薬から発症する場合もあるとされています。

治療法には血漿交換療法やグロブリン療法などがあります。
血漿交換療法は、正常な細胞を攻撃してしまう抗体を排除し、キレイになった血漿を体内に戻すという治療法です。腎臓が悪い患者に行われる人工透析と似た治療法ですが、透析は機能の衰えた腎臓の代行をする治療とされています。

  • 自己免疫疾患とは - 症状・治療・膠原病との関係
  • 膠原病の家族ケア - 家庭でのケアマネジメント

  • 正常な抗体を攻撃する!?

    正常な抗体を攻撃する!?

    体内で作られた自己抗体が、ウイルスなどではなく、何故か正常な細胞を攻撃することに・・・。原因不明の自己免疫疾患の知識。

  • 骨の破壊が進むと・・・

    骨の破壊が進むと・・・

    普段は再生と破壊を繰り返して、新しい骨を作り出す協力をしている破骨細胞ですが、リウマチのように破壊のみが続くと歩行が困難になる可能性も。

  • 治療法は確立されている?

    治療法は確立されている?

    膠原病の原因は不明とされている病気が多い中、症状や進行を抑制するための治療法は確立されているようです。

 
 

  • 【膠原病の基礎知識】早期治療のための初期症状やステロイド・合併症の知識
  • 【膠原病に類する病気】代表的な病気としてSLE・ベーチェット病・リウマチ・関節筋炎などをご紹介
  • 【自己免疫疾患の病気】膠原病と同じく免疫機能の異常が原因で発症する病気
  • 【膠原病トピックス】小児リウマチやリウマチ熱と膠原病の関係と特定疾患の保険の扱いについて