ステロイド

そもそもステロイドってなに?

ステロイドとは、副腎と呼ばれる腎臓の上に位置する器官によって作られているホルモンで私たち人間の体でも普通に作られています。
副腎皮質ホルモンとも呼ばれています。そのホルモンを人工的に合成で作り出したものに「糖質コルチコイド」と呼ばれる炎症を抑える効果のあるものを組み合わせ副腎で作られるものよりもさらに強力な効果が出るようにしたものです。

どんな効能があるの

ステロイドの効能としては、炎症を抑える・免疫機能の抑制があります。
また、ステロイドと併用して使用される免疫抑制剤も同様の抑制効果があります。
ともに同じ効果ですが効果の出し方が異なっており、ステロイドは免疫機能の活動を抑制するのに対して免疫抑制剤は免疫細胞が生成されるのを抑制する、という違いがあります。

副作用があるってよく聞くけどどうなっているの

ステロイドは非常に強力な薬ですがその分副作用も強力になっていて過剰な使用は副作用を引き起こしやすくその際の副作用として次のような症状などが現れることがあります。

  • 皮膚が薄くなる
  • 毛深くなる
  • 感染症
  • ニキビのようなものができやすくなる
  • 副腎皮質の機能低下
  • 白内障・緑内障

ステロイド使用にあたって注意すること

副作用も強力であるステロイドを使う際には気をつけなければならないことがあります。
治療のページでも触れましたが、膠原病の場合は通常ステロイドは内服します。
そしてステロイドよりも効果は弱いですが私たちの身体でも副腎皮質ホルモンと呼ばれるものが作られています。
外からステロイドが入ってくることによって副腎が「ホルモンを生産しなくても良い」と判断してしまうようになってしまいます。

症状が軽くなったからといって急にステロイドの服用をやめてしまった場合、副腎で元々生産しているはずのホルモン量では足りなくなってしまいます。
基本的に医師の指示で徐々にステロイドの量を減らしていくことになります。
これはとても大事なことです。

絶対に「医師の指示なくステロイド使用を中止しない」ようにしてください。

ステロイドの副作用をなるべく抑えたい

ほとんど副作用がないものもあればかなり強力な副作用が出てしまうものまで、どの薬にも副作用はほぼ必ず存在しています。
また、強力な薬ほど副作用も強力なものが出てしまうことが多いです。
ステロイドはとても強力な薬なので副作用として上記で挙げているような症状が現れることがあります。

では、その副作用を抑えるにはどうしたらよいのかということですが、体感的に副作用を感じられないということはありえますが「全くない」というのは無理だと思われます。
現状で少しでも副作用の症状を軽くする方法としては治療のページで紹介した「免疫抑制剤」を併用して少しでもステロイドの使用量を減らして副作用症状が出ないようにすることくらいしかできないと思われます。
ですが免疫抑制剤にも当然ながら副作用はあります。免疫抑制剤の副作用としては胸の痛み・食欲がなくなる・高血圧・肝機能の低下・筋肉や骨の衰え・不眠症・白内障などがあります。

ステロイド・免疫抑制剤のどちらを使用するにしても医師の指示をしっかり守って使用することが大切です。

  • 自己免疫疾患とは - 症状・治療・膠原病との関係
  • 膠原病の家族ケア - 家庭でのケアマネジメント

  • 【膠原病の基礎知識】早期治療のための初期症状やステロイド・合併症の知識
  • 【膠原病に類する病気】代表的な病気としてSLE・ベーチェット病・リウマチ・関節筋炎などをご紹介
  • 【自己免疫疾患の病気】膠原病と同じく免疫機能の異常が原因で発症する病気
  • 【膠原病トピックス】小児リウマチやリウマチ熱と膠原病の関係と特定疾患の保険の扱いについて
関連リンク